2011年12月02日

読書メモ

毎晩お風呂で読書してるよwww



森見 登美彦, 古屋 兎丸

四畳半王国見聞録

を読みました。

森見登美彦の短編集ですが、話の間につながりがあって興味が引かれましたが、

印象的なから見方がなかったのが残念。

キャラクターに明確な名前がなかったのが残念なのかもしれません。

しかし、キャラの濃い四畳半の民達が繰り広げる四畳半の世界観を楽しむにはとてもいいと思います。

最後は神様が支配する四畳半が別のところにも登場し、四畳半の王国は繋がっていくみたいです(笑)


齋藤 寛

心を動かす音の心理学 ― 行動を支配する音楽の力

これも読みました。

音楽の効果について書かれたものなのですが、喫茶店や雑貨屋での販促効果・落ち着き効果。

それらを支配するのが店内BGMだったのです。

BGMでお客さんの行動さえ制御できるなんてすごいですよね。

これは音楽をする人だけではなく、場をプロデュースする人すべてが読むべき本ですねww
posted by せんてふ at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。