2011年10月12日

読書など

森見登美彦の有頂天家族を読み終えました。

感想ですが、かなり感動作です。

兄弟愛、家族愛、亡き父に思うこと。

破れた片思い人の活躍。

人間と狸、天狗の入り乱れた京都を舞台とする活劇。

とてもぐっとくるものがあり、すごくよかったです。


この作者の作品でランキングをつけるとすると、

1、夜は短し歩けよ乙女

2、有頂天家族

3、きつねのはなし

です。

太陽の塔や四畳半も良い話です。

もっと森見作品に触れ合いたいです。
posted by せんてふ at 23:00| Comment(0) | かけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。